賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸情報誌について解説

賃貸契約を結ぶ時には不動産屋さんで契約しなければなりませんが、物件を探すのならほとんどの人がインターネットを使うと思いますが今回は賃貸情報誌について説明いたします。今ではあまり見られなくなってしまいましたが、不動産屋さんが有料で出版社と契約しており、1件雑誌に掲載するのに数千円掛かり掲載数を多くすると割引されることがあります。原稿を提出してから印刷して店頭に並ぶまでに2週間から3週間ほどかかるので情報の更新に時間差があるが逆に掲載する情報は非常に厳しい審査を通さなくてはいけないので、嘘に近い目玉物件や入居済み物件などのいい加減な情報を載せることが出来ず、もしそのような物件情報を賃貸業者が載せようとすると掲載不可などの取引中止ペナルティが掛けられた為、厳選された雑誌が多くあったのです。

業界での使われ方は、賃貸を扱う不動産屋さんが依頼されてお客さんの物件を探すのに重宝された情報誌でしたが、今は専門雑誌が減ってしまい、インターネットサイトに掲載されてない物件を探す程度に使われるようになっています。大手出版社が出していた賃貸専門の情報誌は賃貸業者には、定番業界紙のようなものでしたから、定期購読されていた不動産屋さんも多かったのです。