賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

不動産会社に賃貸下見の予約を入れよう

賃貸物件を探して良い物件が見つかると次はいよいよ賃貸を下見することになります。賃貸の下見をするときはその賃貸物件を所有している不動産会社へ連絡を入れます。連絡をすると下見の予約が出来ます。こうして日程を決めて賃貸物件を下見することになります。基本的に賃貸物件の下見というのは空室になっている物件で行えます。つまり、すでに現在入居者がいる賃貸物件はお部屋の中を下見することが出来ないため、この場合は間取りだけを見るなら同じ建物で別室の賃貸などを見させてくれることがあります。

現在入居者がいる賃貸物件でも、その入居者の許可があるとお部屋の中を下見させてくれることがあるので覚えておきましょう。これは自分でその入居者のところへ行き交渉することが出来ますが、やはり不信感を持たれるため不動産会社や大家さんと一緒に交渉するようにしましょう。基本的に不動産会社か大家さんが入居者との間に入ってくれます。

賃貸選びは最終的にしっかりと賃貸の中を下見して自分の好ましいお部屋かどうかを判断することが重要になるので、不動産会社へ下見の予約を入れて当日までにどのようなお部屋のポイントを見ておきたいのかを考えておくと良いです。