賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸物件の専有部分と専有面積

マンションなどの集合住宅は共用で使用する共用部分と、入居者が専用で使用する専用部分に分かれています。専用部分の面積を算出する方法は2種類あり、一つは壁の中心を基準にした壁芯計算と、もう一つは壁の表面を基準にした内法計算となります。注意点としては、壁芯計算で計算した面積は実際に使えない部分の面積も含まれていますので、広告などで表示されている面積が壁芯計算の場合は、実際の広さと差異があることになる点です。それに比べて内法計算の場合は実際に使える面積で計算していることになります。

マンションの広告においては慣習的に、新築分譲マンションの場合は壁芯計算で面積を表示しており、中古マンションの場合は内法計算で面積を表示しても構わないというルールになっています。賃貸物件においても新築の場合は壁芯計算、中古物件の場合は内法計算で算出可能とされていますので、どちらの算出方法かどうかを確認しておきましょう。賃貸物件においては、バルコニーは専有部分に含まれておらず、ロフトがある場合は専有部分に含まれていますが、面積には含まないことが一般的です。ロフトがある物件を検討している場合はロフトの面積が広告に表示している面積に含まれているかどうかを確認することが必要です。