賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸物件で必要な敷金のことについて

賃貸アパートやマンションを借りる時に、支払う必要がある費用の中の一つに敷金があります。敷金は入居している間の保証金としての役割があり、基本的には契約期間の終了と共に戻ってきます。家賃の滞納があったり、部屋に損傷がある場合は敷金から差し引かれるので、全額返還してもらいたければ、家賃を滞納しないことと部屋を汚したり傷つけたりしないように住むことです。家賃を滞納してはいけないことは誰もが分かっていると思いますが、部屋の修繕義務に関しては難しい部分もあります。汚さず傷つけず生活していたつもりでも、退出時に敷金が返ってこなかったと言う話はよく聞きます。

借主がよく勘違いするのは、経年劣化や自然損耗の部分も修繕しなくてはいけないと言う点です。どんなに気を使って生活していても、経年劣化や自然損耗は避けることができません。こう言った、普通に生活している中で生じた汚れや傷は、貸主が修繕費を負担することと決められています。しかし、中には経年劣化や自然損耗部分の修繕費を借主に負担させようとする貸主がいます。特約に書かれている場合もありますが、この様な特約は借主に著しく不利であると考えられるので無効になります。

関連サイト