賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸の部屋はキレイに使って敷金を返してもらおう

賃貸で部屋を借りる時に、初期費用として敷金を支払うことがあります。中には敷金・礼金不要というところもありますが、たいていのところは敷金が発生しますし、地域によって敷金の金額も異なります。例えば、だいたいは月賃料の1か月分が敷金として支払うことになっていますが、中には2か月分、3か月分といったところもあります。この敷金というのは、退去時にお金が戻ってくることが多いのですが、退去時に部屋が汚れていたり、修繕箇所が必要な時には、この敷金から修繕費用やクリーニング代を差し引かれることになります。最悪の場合、敷金だけでは足りず、別途支払いをしなければならないことにもなりかねません。

また、退去時は、きれいに掃除をしてお返しするのが礼儀でもありますが、意外と引越し前後はバタバタしていて、なかなか掃除まで手が回らないのが実情です。掃除をおろそかにして、そのまま退去してしまうと、普段キレイに使っていた部屋でも汚く見えてしまい、敷金が全額返ってこない可能性もあります。ですから、賃貸の部屋はできるだけ日常的にキレイに使い、汚れたり壁紙がめくれたりしたら、分かった時点で少しずつ修繕していくことが大切です。引越しの際も、空いたスペースから少しずつ掃除を始めれば、時短で効率よくキレイにすることができ、無事に退去することができるでしょう。

関連サイト