賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

入居者とオーナー双方にとってうまみのあるカスタマイズ賃貸

街を見渡せばアパートやマンションが所狭しと軒を連ねています。今では住む場所に困るようなことはなく、人々は自分の好みに合った住宅に自由に住むことができます。しかしこのことは、一面ではよいことではありますが、住宅の数が増えすぎたことによって、入居者がなかなか集まらない賃貸住宅も多くなってきているのです。

築年数の少し古いアパートだとか、駅から遠いなどの立地条件のほんの少し悪い物件など、ちょっとでも賃貸住宅として至らないところがあると、今ではなかなか借り手が見つからないというのが現状なのです。こうした状況を打破するためのひとつの方法として、カスタマイズ賃貸というものがあるのです。

カスタマイズ賃貸というのは、賃貸住宅でありながら、入居者が自由に借りた部屋をカスタマイズできる賃貸住宅のことです。カスタマイズというのは、要するに部屋をリフォームすることができるということであり、しかもカスタマイズ賃貸は、退去時にそれを元に戻す必要もなければ、そもそも敷金というもの自体がかかりません。つまり原状回復の義務がないのです。これは入居者にとってだけ大いなる魅力のある物件ということではなく、家主にとってもおいしい話なのです。というのも、借り手が見つかりやすく、しかも古くなった家を入居者がリフォームしてくれ、退去時には新しくなった住宅を別の人に駆り出すことができるからです。