賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸の部屋を傷つけないために

賃貸に引越しをする時、あまり荷物がないからと、引越し業者に頼らず、自分だけで、あるいは友達や家族に協力をお願いして引越しをする人は少なくないと思います。本当に身の回りのものだけなら良いのですが、家具家電がある場合は、賃貸の部屋を傷つけたり汚したりしないためにも、引越し業者に依頼するのがベストです。特に大型のタンスやソファ、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などを運ぶのは、素人がやると色々なトラブルに遭うこともありますので注意が必要です。

たとえどんなに小さな家具や家電でも、意外と重いですし、角があるものですから、引っ越しの際に賃貸のドアや壁、柱などにぶつかってしまうことが予想されます。小さな傷でも、後で退去時に管理人さんに見つかって、修繕代として別途取られてしまうこともあります。今は引越し業者も、大手から地元密着型の小さなものまで、たくさんの会社があり、1人の単身パックなどは安価で便利なものがたくさん出ています。もちろん賃貸の部屋を傷つけないように、きちんと養生してもらえますので、安心してプロにお任せすることができます。部屋を傷つけず、重い荷物を運ぶ必要もないので、その日から賃貸ライフを満喫することができるなど、たくさんのメリットがあるのです。