賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

賃貸を退去する時には郵便局へ転送届を出すのを忘れずに

2種類の契約形式がある賃貸契約

賃貸物件には、普通借家契約と定期借家契約という2種類の契約の形式があるのですが、契約内容はそれぞれ異なり、普通借家契約は、一般的な賃貸契約でほとんどの場合で契約期間は2年で、ほとんどの場合、更新をする事によって契約の延長をする事ができます。もし、解約したい場合には、契約書に記載されている方法で、解約を申し出て、解約したい日の1ヶ月前以前に書面で通知するという方法が一般的になります。定期借家契約は、契約期間が定められている賃貸の契約方法で、基本的に更新がなく、もし2年の定期借家契約だった場合には、2年間が経過すると賃貸契約は終了になります。住み続けたい場合には、貸主・借主双方の条件が一致すれば再契約という事になり、再び期間を定めて契約する事になります。定期借家契約の場合で解約する時にも、契約書に定められた方法で行います。自分がどのような契約で賃貸物件に住みはじめたかを確認しておかないと、いざ賃貸契約を延長させたいと思っても、更新出来ない事になってしまうかもしれないのです。

特に、物件のオーナーが転勤の都合で持ち家やマンションを賃貸に出して、定期借家契約で契約を行い、2年後に転勤から帰って来て、またオーナーがその物件に住む場合には、借主は気に入っていてもそこに住み続ける事ができなく再契約をする事が出来ないのです。物件の状況に関しては、不動産会社に確認すると教えてくれますし、定期借家契約だからといっても必ず契約満了で退去をするという事でもないのです。気になる物件があった場合には、契約形式や状況を不動産会社に確認する事が一番良いのです。

関連サイト